【ゲーム制作】ゲーム開発会社の約半数がUnityを導入している

投稿日: 2015.05.10 16:43 | カテゴリ: IT

 

 

 ゲームエンジンの「Unity」を導入しているゲーム開発会社は多いようです。
 英調査会社のビジョンモバイルが2014年7月に発表した調査では、47%のゲーム開発会社がUnityを導入していると答えました。

特徴: 価格が安く、移植しやすい


 Unityの特徴はマルチプラットフォームに対応しやすいことと、価格の安さです。
 機能が多少制限された無料版と、制限のない有料版があります。
 有料版は1ライセンス約20万円程度と割安です。
 それに加えて移植しやすく、例えばiPhone向けに作ったゲームを簡単にアンドロイド向けに移植できるようです。

特に普及しているのはスマホゲーム


 Unityが特に普及しているのはスマホゲームの分野です。
 日本では「白猫プロジェクト」「ドラゴンクエスト8(スマホ版)」などのヒット作もUnityで作られたようです。

プロを目指す人のアピール手段としても最適か


 価格が安い上に、プロも使っているというゲームエンジン「Unity」
 ゲーム開発の仕事を目指す学生は、Unityでゲームを作ればアピールできて価格も安く済みそうですね。

リンク


 参考記事
 2社に1社導入 スマゲー急成長支える「陰の主役」  :日本経済新聞

 Unity公式サイト
 Unity - Game Engine
 

 

 

 

 

拡散していただけると嬉しいです♪

 

【IT】カテゴリの最新記事

 

【IT】の記事一覧を表示する

 

Sponsored Link

 

 

お買い物はAmazonで! 管理人も愛用している世界最大の通販サイト!

 


トップ > IT > 【ゲーム制作】ゲーム開発会社の約半数がUnityを導入している