【食の豆知識】缶詰が腐らない理由は無菌だから!

投稿日: 2015.07.09 19:14 | カテゴリ: 豆知識

 

 

 缶詰の賞味期限て非常に長いですよね。
 数年先というのはざらにあります。
 そんな長期間保存していても、なぜ腐らないのか?

 その理由は、缶詰の中が完全な無菌状態だからです。

 腐敗させる理由は、分かりやすくいうと、菌や微生物が増殖することにあります。
 なのでそれらが完全に存在しない状態で密封していれば、腐らないということになります。

 過去に、イギリスでは114年前に作られた缶詰をあけて食べたという話がありました。
 その結果、味や匂いに特別な変化はなかったそうです。

 缶詰は防腐処理をしているのではなく、密封後に加熱殺菌を行い、無菌状態を作っています。
 その為、缶詰は腐ることがありません。

 ソース: 「缶詰は腐らない!」はホント? 缶詰協会に聞いてみた! | フレッシャーズ マイナビ 学生の窓口

 

 

 

 

拡散していただけると嬉しいです♪

 

【豆知識】カテゴリの最新記事

 

【豆知識】の記事一覧を表示する

 

Sponsored Link

 

 

お買い物はAmazonで! 管理人も愛用している世界最大の通販サイト!

 


トップ > 豆知識 > 【食の豆知識】缶詰が腐らない理由は無菌だから!