スポンサーサイト

投稿日: --.--.-- --:-- | カテゴリ: スポンサー広告

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 

 

 

拡散していただけると嬉しいです♪

 

 

【スポンサー広告】の記事一覧を表示する

 

Sponsored Link

 

 

お買い物はAmazonで! 管理人も愛用している世界最大の通販サイト!

 


トップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト

【ARKの歩き方】はじめてのARK 02 食料の調達×家の作成×夜の過ごし方

投稿日: 2015.12.03 19:08 | カテゴリ: ゲーム

 

 

 ピッケル作成可能

 前回はピッケル作成まで書いたので、今回はその後からです。
 具体的には食料の調達と家の建設と夜の過ごし方について書きます。
 ARKの夜は怖いですので、できれば日が暮れる前に家の建設まで終えましょう!

目次


 ・1.ピッケルが出来たら始めること
 ・2.食料の調達
 ・3.家の建設
 ・4.夜の過ごし方


1.ピッケルを作ったら始めること


 ピッケルが完成したら、これまでと変わらず素材集めに励みましょう!
 日没までに拠点を完成させることが最重要の目標になります。

 ダメ

 間違ってもピッケル如きで気を大きくして恐竜に襲い掛かってはいけません!

 無事死亡

 返り討ちにあってせっかく作ったピッケルをロストすることになります。

 なので、今はまだ恐竜戦わないで、素材集めに励みます。

 素材が集まったら、『石の斧』『たき火』『たいまつ』を作りましょう。
 ・斧はピッケルとは素材の取れ方が違うので使います。
 ・たき火は肉を焼いたり暖をとったり周囲を照らすのに使います。
 ・たいまつは暗い場所や夜に行動する場合に使います。

 斧とピッケル

 斧はピッケルと同じ使い方になりますが、取れる素材が異なります。
 たき火を起動させるためには木材が必要になります。
 木材はピッケルではなく斧のほうが効率的に採取が可能になります。

2.食料の調達


 空腹度と乾き度

 ARKでは空腹度と乾き度に細心の注意を払う必要があります。
 序盤の主な空腹の満たし方は、草食動物よろしくベリーをガンガン食べるか、または肉を焼いて食べるかです。
 ベリーは空腹度とと共に乾き度も回復する(例外あり)ものの、回復量は微量です。
 なので、主に空腹を満たすために使用するのは『焼いた肉』になります。
 乾き度は海にもぐることで回復するので、海辺に陣取る序盤ではそれほど意識する必要がありません。

 【肉の調達方法】
 肉は生物の死体を殴ることで調達できます。
 しかし思い出して欲しいのが、我々人類は自分の半分もない大きさの恐竜にすら勝てない貧弱な存在であるということです。
 それじゃあ肉が取れないじゃないかと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 実は人間が素手でも勝てる生物がいるのです。

 Dodo.jpg

 それがこの鳥です。その名もDodo。
 こいつは攻撃しても逃げ回るだけな上にあっさり死にます。
 なのでDodoを見かけたらちょろっと狩って、生肉を調達すると良いでしょう。

 たき火

 剥ぎ取った肉は木材と一緒にたき火に入れ、LIGHT FIREをクリックして火をつけましょう。
 火をつけた状態で少し放置すればこんがり肉に変わります。
 このこんがり肉が我々の主食になります。

 生肉及びこんがり肉は非常に腐りやすいので、腐る前に調理・食事しましょう。
 ちなみに、くさった肉は麻酔矢を作るための材料として使えるので完全にゴミというわけではありません。

3.家の建設


 材料が集まったら、日が暮れる前に家を作っていきます。

 家の建設

 家を作るために最低限必要になるのは『土台』『壁』『屋根』の3つです。
 ドアは少し余裕ができてからでOK。

 家の建設は土台→壁→屋根の順番で設置することになります。
 家を作る場所は『安全で分かりやすい場所』がオススメです。
 食事兼夜に備えて、完成した家の中、または付近にたき火を設置しておくと良いでしょう。

 完成

 とりあえず土台と壁と屋根を設置し、たき火も置いたので家が出来上がりました。
 家というか拠点という表現が適切ですが(笑)

 この後は、拠点をもう少し拡張させていきます。
 レベル上げや防具の作成なども兼ねて、日が暮れるまで素材集めに励みましょう。

 ■レベルアップの予備知識
 経験値は適当なアクション(クラフトやら木の伐採やら敵の退治やら)をしていれば貯まります。
 序盤で効率的なのはクラフトです。

4.夜の過ごし方


 ARKの夜は本当に怖いです。

 日暮れ

 日が暮れてきたら全ての作業を中止し、大急ぎで家に向かいましょう!

 ダッシュ

 全速力で拠点にダッシュダッシュ! でもEキー連打で採集は怠らず!

夜の過ごし方

 日が暮れたと思ったら瞬く間に夜へ変わります。
 夜は出歩かずに肉を焼いたり、クラフトをしたりして過ごしましょう。

 ■余談:寝袋について

 寝袋

 今回は日暮れまでに用意できませんでしたが、たき火同様にベッドは必要不可欠なアイテムです。
 これは死んだ時のリスポーン場所を設置した場所に決めることができるアイテムです。
 ベッドにはシンプルなベッドと寝袋があります。
 寝袋は一度使用すると壊れてしまいますが、ないよりはマシなので作っておきたいところです。

今回はここまで!


 序盤の基本的な流れはこんな感じになります。
 恐竜に怯えながら拠点を作り、レベルを上げて武具などを整えていくことがメインになります。

 次回はテイムについて書く予定です。
 ARKではほぼ全ての生物(恐竜だけではなく鳥やイルカ、サメまで)テイム可能です。
 テイムは簡単なので序盤から余裕があればやっていきたいところです。

 

 

 

 

拡散していただけると嬉しいです♪

 

【ゲーム】カテゴリの最新記事

 

【ゲーム】の記事一覧を表示する

 

Sponsored Link

 

 

お買い物はAmazonで! 管理人も愛用している世界最大の通販サイト!

 


トップ > ゲーム > 【ARKの歩き方】はじめてのARK 02 食料の調達×家の作成×夜の過ごし方

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。