スポンサーサイト

投稿日: --.--.-- --:-- | カテゴリ: スポンサー広告

 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 

 

 

拡散していただけると嬉しいです♪

 

 

【スポンサー広告】の記事一覧を表示する

 

Sponsored Link

 

 

お買い物はAmazonで! 管理人も愛用している世界最大の通販サイト!

 


トップ > スポンサー広告 > スポンサーサイト

【出版業界】作家の契約において、印税だけは基本的に交渉できない

投稿日: 2016.10.10 06:28 | カテゴリ: 豆知識

 

 

 本を出版する際、作家と出版社は契約を交わします。
 その際、出版社から送られてくる契約書には、印税をはじめとした様々なことが書かれています。
 多くの人はへいへいと異議なく契約を交わすものだと思います。
 しかし、実は結構、内容の交渉が可能だったりします。

 この箇所をこう修正してほしいとか、この一文は受け入れられないから削除してほしいとか。
 そういった細かい要望というのは、余程のことがない限りは受け入れてもらえます。
 しかし、こと印税に関してだけは、基本的に交渉の余地がありません

「印税もう1%上乗せ求む!」なんて言っても、「いや、それは無理です」ときっぱり返されます。
 まぁ、出版段階の契約において、金銭面で交渉することはまずないのですが(笑)

 ※全ての出版社を知っているわけではないので、中には交渉可能な出版社があるかもしれません。
 ※自費出版は分かりません。

 

 

 

 

拡散していただけると嬉しいです♪

 

【豆知識】カテゴリの最新記事

 

【豆知識】の記事一覧を表示する

 

Sponsored Link

 

 

お買い物はAmazonで! 管理人も愛用している世界最大の通販サイト!

 


トップ > 豆知識 > 【出版業界】作家の契約において、印税だけは基本的に交渉できない

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。