【テーブルマナー】ナイフとフォークを反対に覚えてしまった話

投稿日: 2017.05.30 00:00 | カテゴリ: 雑記

 

 

 ナイフとフォークを上手に使える日本人は少ないです。
 殆どの人は、まともに触れる機会がないからだと思われます。
 僕もそうでした。

 それが嫌で、しばらく前に徹底して訓練しました。
 その結果、僕はめでたくナイフとフォークを達人級に扱える男になったのです。

 ところが、そうなった後に気づきました。
 なんと、僕はナイフとフォークを反対に覚えていたのです。
 右利き右打ちなのに、ナイフとフォークだけは反対です。

 外国の知人達にその話をしたら
「そんなの誰も気にしないよ」
「反対の人間なんてこっちじゃ普通に見かけるよ」
 と笑われました。

 ところがここは日本です。
 日本人はそういうところにとても敏感です。
 左利きだろうと、右利きと同じ持ち方でマスターします
 だから、「え、ナイフとフォーク反対とかマジか?w」と嘲笑されることもあるかもしれません。

 そんな事態を見据えた僕の対策は……
1)改めて正しい利き手でマスターする
2)諦めてありのままを受け入れる

 以上の二択なわけですが、僕は二番を選ぶことにしました。
 おかげで、せっかくナイフとフォークを極めたのに、好んで選ぶのは箸を使う店です……。
 ちなみに、僕はナイフとフォーク以上に箸を使うのが上手いです(自慢)

 

 

 

 

拡散していただけると嬉しいです♪

 

【雑記】カテゴリの最新記事

 

【雑記】の記事一覧を表示する

 

Sponsored Link

 

 

お買い物はAmazonで! 管理人も愛用している世界最大の通販サイト!

 


トップ > 雑記 > 【テーブルマナー】ナイフとフォークを反対に覚えてしまった話