【ゲーム録画】Windows10に初期搭載のゲームキャプチャソフト『Game DVR』の使い方

投稿日: 2017.05.31 22:22 | カテゴリ: ソフトウェア

 

 

GDVR.jpg


 過去にシンプルで使いやすいキャプチャソフトとして『ロイロゲームレコーダー』を紹介しました。
 しかし、僕が主に使っているのは、Windows10に初期搭載されている『ゲームDVR』です。

 GameDVRの利点はH.264+aac形式で録画(平たくいえば録画しながらエンコード)してくれる点。
 おかげさまで、約22分のプレイ動画でさえ、容量は3GB前後に収まってくれます。
 その上、動作が軽いという点も良いですね。

 設定項目が少ないので、より細かく設定したい人にとっては使いづらいでしょう。
 僕はお手軽さを求めるタイプなので、このソフトが気に入っています。

ダウンロード


 Windows10に初期搭載のため、ダウンロードの必要はありません。

使い方


 1.録画したいゲーム上で、WindowsキーとGキーの同時押して起動します。
 ウィンドウズキー
 (↑Windowsキーとはキーボードの左下にあるWindowsマークのキーを指しています)

 2.赤い●を押すことで録画が始まります。

設定


 設定画面

 立ち上がったGameDVRの歯車ボタンを押すと設定画面を開けます。
 ただ、そこで可能な設定項目はやや物足りないものがあります。
 画質やフレームレートを設定したい際は、設定画面の一番下の文字をクリックしましょう。
『Windowsの「設定」で、その他の設定を編集します』と書かれたボタンのことです。
 そうすることにより、詳細な設定画面へと移動出来ます。

 ゲーム

 詳細な設定画面には、Windowsの設定画面からも移動できます。
 そちらから移動する際は、以下の手順を辿ります。

 1.スタート(Windows)ボタンを右クリック
 2.設定をクリック
 3.ゲームを選択

 

 

 

 

拡散していただけると嬉しいです♪

 

【ソフトウェア】カテゴリの最新記事

 

【ソフトウェア】の記事一覧を表示する

 

Sponsored Link

 

 

お買い物はAmazonで! 管理人も愛用している世界最大の通販サイト!

 


トップ > ソフトウェア > 【ゲーム録画】Windows10に初期搭載のゲームキャプチャソフト『Game DVR』の使い方