【中韓】韓国大手スーパーの『イーマート』が中国から完全撤退。中韓の関係悪化を物語る

投稿日: 2017.06.03 18:14 | カテゴリ: その他

 

 

 中国メディアの環球網によりますと、韓国の大手スーパー『イーマート』が中国市場から完全撤退するようです。
 撤退理由は『赤字の累積』を挙げています。

 中国市場におけるイーマートは、1997年に進出以降、全盛期は現地に30店舗ほど構えていました。
 ところが、現在では残すところ6店舗となっていました。

 この背景には、韓国の終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に端を発する中韓関係の悪化が考えられます。

 しばらく前だと、17年3月には、中国にあるロッテ(韓国企業)を狙い撃ちにしたデモが起きています。
 これは、韓国ロッテグループが自社のゴルフ場をTHAAD配備用地として提供することに承認したからです。
 それにより、江蘇省のロッテ百貨店前で反韓デモが行われたりしました。
 他にも、ロッテ免税店の公式サイトやロッテグループの中国語サイトも、2日にDDoSと見られる攻撃を受けたり。

 また、THAADに関する反韓精神は中国政府からも強く感じられます。
 これもロッテですが、3月20日に、中国で展開するロッテマートの99店舗中67店舗が営業停止命令を受けています。
 理由は消防安全規定に違反しているとのこと。

 韓国ではしばらく前に新たな大統領が誕生したばかりです。
 中韓関係は韓国の経済に大きく影響することから、韓国には難しい舵取りが迫られています。

 ちなみに、新たに誕生した文大統領は、現時点だとどっちつかずの考えを示しています。
 選挙中は「前政権が昨年合意したTHAADの韓国配備について見直す」と発言するに留めている格好。

 ■ 参考
 韓国大手スーパー「イーマート」、赤字累積で中国から完全撤... - Record China
 新世界グループ副会長「イーマート、中国から全面撤収」 | Joongang Ilbo | 中央日報
 中韓関係悪化で在中韓国企業の約7割が苦戦―韓国メディア - Record China
 中韓関係、ミサイル防衛で緊迫 ロッテ狙い撃ちデモ・旅行中止...韓国大使館は注意呼びかけ
 THAAD:米CNBC「文大統領発言は中国の歓心を買おうとする試み」-Chosun online 朝鮮日報
 THAAD追加搬入、文大統領が不快感 真相調査を指示:朝日新聞デジタル
 米中とは慎重、日本には踏み込んだ対応 韓国・文大統領:朝日新聞デジタル

 

 

 

 

拡散していただけると嬉しいです♪

 

【その他】カテゴリの最新記事

 

【その他】の記事一覧を表示する

 

Sponsored Link

 

 

お買い物はAmazonで! 管理人も愛用している世界最大の通販サイト!

 


トップ > その他 > 【中韓】韓国大手スーパーの『イーマート』が中国から完全撤退。中韓の関係悪化を物語る