【ダイエット】早食いすると太る理由

投稿日: 2014.07.17 16:37 | カテゴリ: 豆知識

 

 

 よく「早食いすると太る」という言葉を聞きます。
 実はこれ、迷信ではなく医学的に根拠があることなのです。

■理由
1.食べ過ぎてしまう
 人が満腹感を感じるのは、満腹中枢と呼ばれる機能が働くからです。
 この満腹中枢が働き始めるのはおよそ20分後からです。
 それより短い食事時間だと、中々満腹に感じず、つい食べ過ぎてしまうのです。

2.血糖値の関係
 人は低血糖になると空腹感を覚え、食事をすると血糖値は徐々に上昇します。
 早食いをすると、血糖値が急上昇します。
 血糖値の急上昇を抑えるため、すい臓から大量のインスリンが分泌されます。
 インスリンは糖を脂肪に変えることで血糖値を抑えます。
 早食いするとインスリンがより多くの糖を脂肪に変えるため、太りやすくなるというわけです。

 早食いすると太るというのは、きっちりとした根拠のあることなので、ダイエットに気をつかう人は
 たくさん噛んでゆっくり食べることを心がけましょう。
 

 

 

 

 

拡散していただけると嬉しいです♪

 

【豆知識】カテゴリの最新記事

 

【豆知識】の記事一覧を表示する

 

Sponsored Link

 

 

お買い物はAmazonで! 管理人も愛用している世界最大の通販サイト!

 


トップ > 豆知識 > 【ダイエット】早食いすると太る理由